活動内容
アイウエオ
カキクケコ
福山介護特区構想で
福山市を活性化させる!
1.
人生会議の普及
自分のため、愛する人のために!
人生の終末をどう迎えるかは重要な問題で、延命治療をどうするか等、納得のいく死を迎えたいと考えている人は、法的根拠はないものの事前に終末期の医療について自分の希望を書面で残す事は大切なことです。
『人生会議』は、もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のことです。
「ACP:アドバンス・ケア・プランニング」と言われていた取り組みを厚生労働省が普及・啓発をするために、より馴染みやすい言葉となるよう募集して決まりました。
2014年に公表された厚生労働省の意識調査ではこのような取り組みに関し、約70%の人たちが賛成しているが、実際に作成している人はそのうち3.2%というデータがあります。生涯学習として企業、町内会および各種コミュニテイー等での介護保険・認知症・エンドオブライフケア(終末期医療・介護)等の研修をする必要があります。また、介護施設では外部研修の受け入れを積極的に行い、エンドオブライフケア(終末期医療・介護)への理解を深めて行くことが大事です。
具体案
・介護施設のエンドオブライフケア(終末期医療・介護)の研修追加、人生会議の支援
・企業での介護保険・認知症・エンドオブライフケア(終末期医療・介護)等の研修、人生会議の推進、介護施設への外部研修導入
・各町内会、コミュニテイー等での介護保険・認知症・エンドオブライフケア(終末期医療・介護)等の研修、人生会議の推進
2.
介護福祉士を業務独占へ!
『尊厳』を守り、地位を向上させる!

介護士はとても社会的に意義のある重要な仕事にも関わらず、世間一般の評価はあまり高くなく、医療・介護間での地位も低いように思われます。また、介護福祉士は国家資格にも関わらず、名称独占のみで業務独占にはいたっていないことから資格としての意義も少ないように感じられます。

入所施設の介護士は、24時間365日ご利用者の介護をすることになります。また、ご家族との面会や家族会もあり、人間関係の構築をしていきます。認知症の方が事故や終末期になった場合、医師からご家族へ治療方法の相談があります。その際、ご家族の方は動揺されたり、医療に関する知識不足もあり、迷われてしまうことがあります。介護施設契約時、管理者またはケアマネージャーが事前指示書を作製しておけば、ご家族と一緒になり、ご本人の尊厳を守れるようになります。ご本人、ご家族の思いはその時々の状態・状況によって変わります。事前指示書は1年に1回見直す必要があります。

施設の管理者は、24時間365日ご利用者に何か特変があれば対応しなくてはならなく、肉体的にも精神的にも非常にストレスのかかる職務です。このような大変過酷な勤務を傍で感じている職員は、キャリアアップへの不安を感じています。介護の仕事はみなさんの保険・税金から賄われている仕事であり、せめて地方公務員の平均年収を保証することで若い人材の将来への不安が解消され離職率の低下、継続的な雇用に繋がると思います。

これらの評価を変える取り組みをすることにより、介護の評価を向上させ、介護人材確保につなげ、福山の介護をより良くしていきましょう。

具体案
・介護施設契約時、事前指示書を作製する。また、1年に1回見直す。
・介護施設の管理者またはケアマネージャーは、エンドオブライフケア(終末期医療・介護)に関して家族と共に利用者の尊厳を守る。
・介護施設の管理者は、地方公務員の平均年収を保証する。
3.
介護都市、福山
介護・認知症のモデルシティとなる!

平成27年国勢調査の結果、全国の産業で「医療、福祉」は第3位の就業者を閉め、福山もまた「医療、福祉」が13.1%と第3位です。
また、高齢者数・高齢化率は今後も増え続け、介護職員の不足も深刻になると予想されています。
こういった背景から介護離職も社会問題となっています。介護事業所には介護に関する研修が義務付けられていますが、すべての方に生涯学習として介護保険制度、認知症またはエンドオブライフケア(終末期医療・介護)等の研修、介護施設への外部研修導入が必要だと思います。これらの理解により、介護離職も減少するでしょう。

また、介護事業は規制緩和されましたが、介護保険制度により多くの規制があることにより、民間で自由な改革は難しいのが現状です。そこで、市が積極的に介護施設と手を取り合い、介護施設の現場で働いている職員の困っている事を真摯に聞き、早急に様々な改善案を実施する必要があります。

他の市の取り組みとして、神奈川県横須賀市は「わたしの終活登録」という事業を開始し、救急搬送時や死後、登録された情報を開示し、本人の意思の実現を支援しています。
神奈川県大和市でも「おひとり様などの終活支援事業」で、葬儀や遺品整理などの手配の支援をしています。
愛知県北名古屋市の「エンディングサポート事業」では、身寄りのない高齢者の葬儀などの生前契約をサポートしています。エンディングノートも、同市のホームページで公開しています。
各市との横の繋がりを大切にし、少しでも良い取り組みは参考にし、また新たに必要な取り組みを積極的に実施していく必要があります。

介護施設は未だ紙媒体のみの記録等、ITやAIの導入が一般企業より遅い傾向にあり、人材不足にも関わらず業務の効率化がされていない施設があります。福山市が積極的にシステム導入のアドバイスまたは必要なシステムを作製して提供・推進し、介護職員の負担軽減、質の向上をする必要があります。

介護施設の労働人口不足は深刻であり、今後外国人労働者の採用が多くなってきます。しかし、介護施設は小規模な施設が多く、かつ外国人労働者採用のノウハウも無いため、各企業・事業所のみで外国人労働者の研修や生活支援をすることは困難であると推測されます。市として他国から助けにきて下さった人々をストレスなく親切・丁寧に援助していくべきです。

具体案
・市主体で介護保険・認知症・エンドオブライフケア(終末期医療・介護)等の研修、人生会議の推進、介護施設への外部研修導入し、介護離職を減少させる。
・市主体で介護施設の現場で働いている職員の困っている事を真摯に聞き、改善案を提供する。
・市主体で全国の自治体等の介護の取り組みを積極的に取り入れ、モデル施設を運営する。
・市主体で介護施設がITやAIを取り入れるようなシステムを提供する。
・市主体で介護施設で働く外国人労働者の研修・生活支援をする。